• yuto0502ta4

命の大切さ

 本日は愛知県より志賀 公子 様をお招きしての講演会が実施されました。 講師の志賀様は、約14年前に交通事故で最愛の息子さん(当時18歳)を亡くされました。今日は、「事故で子供を亡くすことが、親として如何に辛いことなのか」「死というものは身近にある」という、実際に体験された内容を詳細にお話しくださいました。生徒たちも選妙な面持ちでお話を聞いており、それぞれに感じるものがあったようです。講演後に書いた感想文からも「今が幸せだと気付きました。1日1日を大切にしていきたいと思いました。」「お母さんやお父さんに迷惑、心配をかけないよう、努力していきたいです。」「これからも家族に感謝を伝えながら、生きていきたいです。」といった様々な思いが見て取れました。この話を聞いて感じたことを無駄にしないように、しっかり心に留めてほしいと思います。

 

39回の閲覧