• yuto0502ta4

中学1年生接心

◯接心

 月江寺の三浦見至住職の指導のもと、1泊2日の日程で座禅や写経、掃除、食事を通して「なりきる心」の体得を目指す行事である。

※なりきる心・・・掃除の時は掃除、食事の時は食事というように、その物事だけに集中して取り組む心のこと


先週の金曜日から土曜日の朝にかけて、中学1年生の接心が行われました。

初めての接心でわからないこともたくさんあり、お経の声が小さくて住職に注意される場面もありました。しかし、徐々に自分たちのやるべきことをしっかり理解して、一生懸命に取り組もうとする姿勢が見られるようになりました。特に作務(掃除)の時間では、高校の山口教頭先生からも「作務は綺麗でも汚くても一生懸命掃除をする。そして、自分の心を磨くようにする」と教わり、普段の掃除以上に一生懸命隅々まで綺麗にしようとする姿が見られました。慣れない座禅や、食事中の正座など大変なこともたくさんあったと思いますが、最後まできちんとやりきることができたという経験が、これからの生活においても一つの財産になると思います。2年生になると塩山の向嶽寺での本格的な接心となるので、今回学んだことを忘れないようにして、来年に生かしてほしいと思います。




66回の閲覧